ハンス・コパー展

2010年10月26日 20:35

ハンス・コパー展  -20世紀陶芸の革新-

見てきました。
造形の美しさに、ため息と「すごい」しか出てきません。
見終わった後、言葉にできない思いで頭がパンパンになりました。
見に行けて良かった。

家に帰ってから、前に読んだ
「ルーシー・リーに会いたい」(芸術新潮)
を読み返しました。

もう一度、見に行きたくなりました。
 

スポンサーサイト